【第109回技術ゼミナールを仙台で開催致しました】
日時:2019年9月11日(水)、12日(木)
場所:ホテルメルパルク仙台

去る2019年9月11日(水)、12日(木)に、ホテルメルパルク仙台(宮城県仙台市)において、第109回技術ゼミナールを開催致しました。
今回は台風15号の爪痕残る中、当日もゼミの最中に大雨が降るなど大変な気象状況の中、237名の方にご参加頂きまして、誠にありがとうございました。

以下、ゼミナールの様子をご報告致します。
会長
開会に先立ち、ゼミナールの開会挨拶で、日本チャンキー協会・吉原洋明会長(日本ホワイトファーム㈱代表取締役社長)より、日頃のご愛顧に対する感謝と、台風15号の影響で被害に遭われた皆様へのお見舞いを述べました。続けて、災害に対する備えや事前準備の必要性から、10月からの防疫強化期間について、「昨年の1月以来、国内では鳥インフルエンザは発症していないが、豚コレラに見るように決して他人事ではなく、無事今年度も発症0で乗り切りたい」と述べました。
次に、今年の夏の暑さについて振り返り、「各社で取り組んできた夏場対策に加え、チャンキーが夏に強くなり、死ななくなったという話を聞いた。反対に、涼しくなってくると暑さの影響を受けた鶏のDGが戻ってこない、目標体重に届かないなどのマイナスな情報も流れてくる。そのような時には、良い成績を出されている同業他社さんの情報を聞きたい、ということがあり、今年の6月の通常総会で会員の皆さんにご協力をお願いした件があった」と、ブロイラー出荷成績のデータ集計について、再度説明、参加協力のお願いをしました。
野外事例.種鶏野外事例.ブロイラー

————
本ゼミナール、講演プログラムは以下の通り。

【第109回技術ゼミナールプログラム】

●第一日(9月11日)
司会:㈱ウェルファムフーズ/石黒 正和氏
1.開会の挨拶 日本チャンキー協会/会長 吉原 洋明氏
2.報告「実績調査結果 傾向分析」 ㈱日本チャンキー/和久 健太氏
3.講演「優良会員の取り組み」
種鶏:プライフーズ㈱/小笠原 敬介氏
ブロイラー:㈱JAフーズさが/高森 啓太氏(「たか」は「はしごだか」)

●第二日(9月12日)
司会:㈱福島エンヤ/車田 信彦氏
1.講演「育種改良について」 Aviagen社/Dominic Elfick氏
2.講演「鳥インフルエンザ関連情報」 
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構/内田 裕子氏
3.アンケート記入
4.閉会の挨拶 日本チャンキー協会/種鶏孵卵部会長 山上 祐一郎氏

————-
講演風景_AI全体

最後に、日本チャンキー協会・山上祐一郎種鶏孵卵部会長(㈱福田種鶏場 代表取締役社長)より、Aviagen社はじめ講師の皆様に会員を代表して御礼を述べたのち、チャンキー種が今日に至るまでのAviagen社の育種哲学「バランスの取れた育種」について紹介。
更に、懇親会の席でドミニック氏より、チャンキー種の日本での成績について「他の国にはない、ゼミを通して情報共有する仕組みが根付いた中で、チャンキー種の性能を現場が引き出してきた結果」とブロイラー業界にエールを送られたことをご紹介しました。その上で、共有事項を自社で試してみることが出来るのは、日本のブロイラー産業の強みであるとし、今回も是非持ち帰った情報をもとに、自社の生産向上に役立てて欲しい、と締めくくりました。

※ゼミ後のアンケートにご記入いただいたご質問につきましては、該当各所にて回答作成中です。
 出来次第、追ってご紹介いたします。